祭壇について

 
宗旨宗派に応じて葬祭の設営をいたします。ご用意する各種葬具を用立てし、斎場などでの最期の送りの形にふさわしい飾付けや供花の手配などご利用いただけます。
日蓮宗飾りでの葬祭(臨海斎場) 
日蓮宗飾り 
 祭壇とは
葬祭に用いられる壇をいい、遺影写真や供物(盛籠)などを飾り、故人を偲び供養します。直葬とは違い仏式葬儀の場合は、前に経机が置かれて、お坊さんが読経をします。かっては伝統的な白木祭壇が用いられ進行していましたが、近年では斎場などでの生花祭壇で執り行う葬祭が一般的となりました。生花祭壇は、どのような宗派の方でも頼むことができるのがメリットの一つとなっています。ご不明な点はお問合せください。

 
  
 生花で飾ります
なかには造花を用いた花祭壇や供花など他社で今でも斎場などで観かけますが、やはり生花利用を希望される人の方が圧倒的です。


 
  
 焼香をする意味
焼香は、この世に釈迦が生まれた時以来、二千五百年も続けられてきたといわれます。発祥地のインドでは、焼香の本来の意味は体臭を消し心を清らかにするものとして用いられました。香はたくものだけではなく、塗香といって手や体に塗る香もあり、それによって心身を清めてから仏や尊者の前に出たわけです。日本では焼香によって仏前や霊前を清めるとか敬そんな心を捧げて供養するという意味あいで行われている様です。更には一同に集まって一人ずつ全員が香をたき、同じ悲しみを分かち合って故人の冥福を祈るともいえましょう。一般的には葬儀や告別式などの儀式進行には抹香(粉香)をたき、斎場などで通夜や法事などには線香をあげることが多いようですが、通夜の時に線香と抹香の両方が置いてあったならば、個人で別々に礼拝するときは線香をあげ、行事が始まって僧侶の読経中に焼香する時には抹香をたくと思っていればよいでしょう。