葬祭

臨海斎場

葬祭の時に

葬祭の備えや各種紹介と手配をはじめ、大田区に本社がある当社でご相談・ご依頼いただけます。
葬祭について

一人の人間の死を迎えたときの心得として、葬祭はその人との最期のお別れということですから、できるだけのことをしてさしあげるのが、残された者の務めと言っても良いでしょう。葬祭は、残された者同士が生き残った者たちのために行う儀式です。生前自分たちと近しい血縁にあった故人が死後の世界でもどうか幸福になって欲しいという願いの表現であると共にその故人と少しでも関係のあった人々に対してのお別れの場が葬祭です。参列者にとりましては、故人または遺族となんらかな関係を持っていたことを、香典、供花といった形で表現するということです。これからの葬祭は、故人に対する追慕と感謝といったことが強調されてくると思われます。そういった心を持って、形式のみにとらわれることなく、主催者も参列者も故人を心からしのぶ場として、たいせつにしてゆきたいと思われます。
        三ツ木 
  
    三ツ木
     (仏教葬祭アドバイザー)
葬祭の事前から終わりまで、豊富な
経験をもちましてお役に立ちます
 ご心配の時は、お問合せください。
    
病院で亡くなる場合
最近は、病院で臨終を迎える場合が多く、本人が「自宅で家族に看取られて終えたい」と思っていてもそうできないことが多いようです。病院におまかせした以上は医師や看護師に従うべきで、危篤、臨終の際も指示に従って行動します。医師から危篤であると宣言されたら、会わせたい人に至急連絡をとるようにしましょう。
臨終の場合は、医師が告げますので、末期の水をとり、故人の清拭は、看護師にまかせて、故人をご自宅に戻る場合は、ご自宅に連絡し部屋の片付け、清掃などを頼むようにしましょう。なお故人の移送などは、以後の葬祭の一切をお任せする葬儀社に頼むようにします。

  病院へのお迎え
  病院へのお迎え
ご自宅で亡くなる場合

ご自宅で病人の症状が急変したときは、すくに医師に連絡しますが、医師が来ないうちに家族の見守る中で息を引きとる場合もあります。その際は、家族が枕元に集まって手をとり、交代で末期の水を含ませるようにします。ご自宅で亡くなったら必ず医師に連絡して来診を仰ぎ、葬祭に必要な死亡診断書を書いてもらいます。  

故人の安置
地域、宗教等により葬祭は異なりますが、(1)故人を北枕にして安置します。(2)寝具は新しくし、顔に白布(ハンカチ等)をかけ故人が温まらないように注意し、薄い掛け布団を懸けます。(3)魔除けとして、胸の上にハサミ、カミソリなど刃物を足元に向けて置きます。(4)祝い額(七福神、寿等)を取り外すか、半紙を垂らします。(5)仏壇を閉めます。(6)神棚があれば、半紙を垂らします。(7)焼香の用意(香鉢、ローソク立て等)をします。自宅で葬祭を行うか否かは問わず、邪魔になるような調度品は、位置を変えるようにしましょう。
危篤の際の知らせる範囲
当人から見て六親等内の親族、配偶者、三親等内の姻族を親族といいますが、この親族に知らせるようにしましょう。ただ交際が浅い親族よりは当人が会いたいであろう人、または生前に一目会いたいと願うごく親しい友人、知人があれば、その人たちを優先して知らせるのが良いでしょう。遠方の人に連絡する場合は、要点をはっきり伝えるようにしてください。
末期の水とは
末期の水は、息を引き取るまぎわに肉親が、水で唇を湿してあげることをいいますが、その人の最期の水であるとともに、この水で生き返ってほしいと願う気持ちも含まれています。いずれにしても、生きている人が永別の心を込めてしてあげたいものです。新しい箸か、割箸に脱脂綿を巻いて白糸で縛ったもの、または指に新しいガーゼをもって水に浸し、近しい人から順に唇にあてます。臨終に間に合わなかった人も、故人がそこにあるうちは末期の水をとるようにしましょう。

 
死に装束とは
葬祭の本来の死に装束は、木綿や麻のの白の単を玉止めなしにぬった着物を着せ、こはぜをとった白たびを左右逆にはかせ、三途の川の渡し賃といわれる六文銭を入れた頭陀袋を首から下げて、手には数珠を持たせました。それは、仏教では、仏の世界に生まれ変わるまでの四十九日間ひとりで歩いていくといわれているので、手甲、きゃはんなどをつけるのも死出の旅に立たせるためです。

 死に化粧
葬祭では男性なら髭をそり、女性なら薄化粧をしてあげたりしますが、化粧しない場合もあり、しなければならないものではありません。


 納棺
 納棺
葬儀社の頼み方
葬祭は、葬儀社に頼むものと思っている方が多いですが、葬儀社ができたのは明治の中頃で、それ以前や近年までは、葬祭は身内や近隣の人の手で行っていたのです。葬儀社は、道具いっさいから進行をとりしきり、時には諸手続き、精進落としの料理から香典返しまで、頼めば葬祭に関することをなんでもしてくれるのでとりこんでいる最中には便利です。   
 
    光教寺1の葬祭飾り 
さまざまな形
以前は、ふすまを取り払えば広い座敷になる間取りが多く、葬祭には多くの方に上がっていただきました。現在の建築は部屋が個立化し、台所も多人数が動くようにはできていませんので通夜、葬儀の形も変わらざるをえないというのが実情です。葬祭が大規模になるときは、葬祭専門の施設などを借りるのが普通になっています。
神式葬儀
神式の正式な葬祭は、かなりの規模になるようですが、現在では状況い応じて省かれる儀式も多く、火葬、埋葬は仏式の場合とほとんど変わりがありません。例えば本来の出棺祭は、松明を揚げて柩を奉じた葬列がしずしずと葬場や墓所に向かうものですが、今日では日中に霊柩車で運ばれて、葬場祭(葬儀)で出棺の祭詞を奉上するだけになっています。また喪主だけは神官のような装束をつけるのが本来ですが、通常の葬祭の喪服になっています。神式の本来は土葬で、現在でも地方の葬祭によっては柩を奉じ葬列を組んで土に埋めるをしています。また火葬にしても、遺骨はそのまま墓に移すものですが近年は仏式のように自宅に遺骨を迎えて神式の忌明けである五十日祭の頃に埋葬することが多くなっています。


  
キリスト教葬儀
キリスト教の葬祭は、近年になって日本の慣習に合わせてつくられたものですから、葬儀の進行は教会によって違いがあります。葬祭はカトリック、プロテスタントを問わず故人か喪主の所属する教会で行うのが普通で葬儀と告別式の区別はあまりなく、一般会葬者も最初から参加し、喪主の最前列の他は、会葬者の席も来た順につめてゆくなどこだわりません。仏式の通夜に当たる前夜祭の翌日、自宅で簡単な出棺式が行われますが、牧師が立ち会う場合と喪家には来ないが、教会で棺を迎えることもあります。棺は普通黒い布で覆われ、教会に運ばれ正面に安置されます。
キリスト教の葬祭は、人間を罪深いものとし、故人が犯した生前の罪の許しを神に乞い、永遠の安息を祈る儀式です。なおキリスト教は土葬が本来のものですが、日本ではプロテスタントは火葬が多く、カトリックでは許可を得て土葬をする例もあります。土葬の場合は葬儀終了後に棺を墓所運び、神父が祝福して棺が土中におろされると、参列者はシャベルで土をかけ、白い花を投げ入れます。火葬の場合はほとんど仏式と同じです。