進行

   
 逝去から通夜ほか初七日までは、宗教や事情により変更もありますが基本は、逝去から式事~送りへと進行していくのが葬祭です。 
進行例
ご逝去→ 桐里センターへ連絡→喪主の決定→日時・場所の決定→死亡通知→ 枕経→納棺→祭壇飾り付け準備→供花の手配→通 夜→通夜振舞い→葬儀 告別式→お別れ→出 棺→荼毘(火葬)→骨上げ(収骨)→還骨法要(初七日)→精進落とし→
 

         葬儀利用時の式場看板
オリジナル祭壇Aでの葬祭

オリジナル飾りA
仏教葬儀の葬送幡、六道を特別に製作したメリットのある祭壇飾りです。
詳しくは、お問合せください
  
  焼香の順序
1例  父が死亡した場合
①喪主・長男
②母・妻あるいは本家
➂喪主の妻、または故人の妻
➃喪主の子供(故人の孫)または喪主の妻
➄喪主の弟、または喪主の子供(故人の孫)
➅喪主の姉妹(他家の妻)、または喪主弟姉妹

 
  ➆故人の兄弟姉妹、または喪主の妻の両親
➇喪主の子以外の孫、または喪主の叔父叔母
➈喪主の妻の両親、または喪主の叔父叔母
➉喪主の義理兄弟姉妹、または喪主の子以外の孫
⑪喪主の従兄弟姉妹
⑫故人の友人、知人
 
 通夜の進行
臨終から葬儀までの間の進行に、通夜が行われます。肉親やご縁のあった友人・知人が集まり、静かに最期の一夜を見守り、故人の番をするところから由来しています。通夜または夜伽とも呼ばれ、昔は、近親者のいで営み、通夜の食事をした者は”いみがかり”として、初七日が済むまで喪家にいて、世間との関わりを絶つことが行われたといいます。僧侶の入場で式が始まります。時には、読経のあと短い説教をする場合もありますが、それが終わったら、喪主以下通夜の参列者が順に証拠を済ませて式は終わります。焼香の順は、故人と血縁の濃い順に近親者が行い、ついで世話役代表、知人、友人となり、式のあと別室で食事い飲み物を振舞います。
    会館利用の通夜                 
 葬儀各係の分担
会計係・・・香典計算から支払い計算まで、葬儀に関する現金一切を取り仕切ります。前もっての弁当、精進落とし料理の手配をし用意します。出棺を見送ったら、香典の計算や支払いの清算をしておきます。
受付係・・・受付係は、通夜を含めて会葬者記帳簿、香典供物記帳簿などを用意します。弔電は進行係へ、香典は会計係それぞれ回します。出棺を見送ったら、記帳簿を整理しておきます。受付係は、2人以上は必要です。
携帯品係・・・会葬者が式場または、控室に入る前に携帯品を預かります。合い札を用意し携帯品を整理するようにします。
会場係・・・会場の順路を明示し、葬儀当日は会葬礼状手渡します。式が始まったら会葬者を案内し、焼香の間があかないように気を付けます。出棺後は、会場を片付け、ご遺骨迎えの準備をし迎えたら清めの塩をまきます。
世話役・・・あらかじめ喪主や葬儀社などとよく打ち合わせをしておき、自分から動かず、各係の動きがスムーズに行くように配慮することが大切です。
接待係・・・会場の控室や火葬場での茶菓の用意をし、通夜ぶるまいの接待、式当日の控室での茶菓の接待、火葬場の茶菓の接待をします。
台所係・・・会計係と連絡しつつ、通夜ぶるまいの飲み物や料理の手配をします。什器などの用意をし当日は弁当、精進落とし料理を出すようにします。
進行係・・・喪主、世話役とよく葬儀進行を確認しておきます。又、火葬場へ行く会葬者を確認し、自動車係とよく打ち合わせておき、火葬場へ行くとき混乱が起こりがちなので注意します。自動車係・・・あらかじめ駐車場、火葬場へのマイクロバス、道順、標識など手配しておきます。当日は、会葬者の車、霊柩車や同伴車、マイクロバスなどの誘導を行います。およそ以上のとおりですが、規模が小さければ、いくつかの係を兼任してもよく、逆に大きければ一つの係にに数人が必要です。


  寺院利用による施行      天候に備える受付テント
 席順について
席順については、それ程こだわらず遺族は、祭壇に向かって右側に座り、喪主が棺のすぐ近くに座り故人と関係の深い順に座っていきます。左側は、葬儀委員長、世話役、友人、知人が座り、一般の会葬者は祭壇の正面に座ってもらいます。

 式場利点の一例