進行

  
逝去から通夜ほか初七日までの
進行例は、宗教や事情により変更もありま
すが基本は、逝去から式事~送りへと進行
していきます

 式場案内   喪服
 式場案内   
オリジナル祭壇A


オリジナル祭壇飾りA 仏教儀式の幡、六道を表現して当社で特別に製作したメリットのある祭壇飾りです。
 
 
光教寺6の祭壇例9 


  
進行例
ご逝去→ 桐里センターへ連絡→喪主の
決定→日時・場所の決定→死亡通知→ 
枕経→納棺→飾り付け準備→供花の手配→
通 夜→通夜振舞い→葬儀 告別式→お別れ
→出 棺→荼毘(火葬)→骨上げ(収骨)→
還骨法要(初七日)→精進落とし→
 
  焼香の順序
1例  父が死亡した場合
①喪主・長男
②母・妻あるいは本家
➂喪主の妻、または故人の妻
➃喪主の子供(故人の孫)または喪主の妻
➄喪主の弟、または喪主の子供(故人の孫)
➅喪主の姉妹(他家の妻)、または喪主弟姉妹

 
    出棺の様子 
 
  ➆故人の兄弟姉妹、または喪主の妻の両親
➇喪主の子以外の孫、または喪主の叔父叔母
➈喪主の妻の両親、または喪主の叔父叔母
➉喪主の義理兄弟姉妹、または喪主の子以外の孫
⑪喪主の従兄弟姉妹
⑫故人の友人、知人
 





 通夜
臨終から葬儀までの間の進行に、通夜が行われます。肉親やご縁のあった友人・知人が集まり、静かに最期の一夜を見守り、故人の番をするところから由来しています。通夜または夜伽とも呼ばれ、昔は、近親者のいで営み、通夜の食事をした者は”いみがかり”として、初七日が済むまで喪家にいて、世間との関わりを絶つこと進行が行われたといいます。通夜は、夜を徹して故人を見守る事を意味しますが、故人の死を通して、平生忘れがちな生と死の問題に直面させられる機会でもあって、住職によっては、通夜の席で法話をし仏教の所説に触れて生・死を自らの問題として説く場合の進行もあります。家の中は、神棚がある場合は白い半紙等で正面をおおったり、葬儀が終わるまでに必要な衣類を出したりして、万全の用意をするように心がけておきましょう。
 葬儀と告別式
葬儀も告別式も現状での形式においては、大差は認めがたいですが名称が異なることには本来の進行内容も違い、その意味する所も異にするものであります。最近の都市部では告別式の形式で葬儀が行われているのが現状であります。ご自宅やお寺、斎場などで、一度に済ませてしまう告別式型の葬儀の進行が行われているのであります。したがって大田区での今日の葬儀のほとんどが告別式の型で行われているといえます。
 
 出棺時の挨拶の仕方
出棺に際しての挨拶は、会葬者へのお礼のことばと、故人への生前の厚誼に対するお礼、さらに遺族への今後のをお願いすることばを忘れぬようにします。会葬者は長時間立ち続けなので挨拶は短くしましょう。
 

  白木宮型霊柩車 
   白木宮型霊柩車
    

 
 骨上げ
火葬が終わると係員が案内しますから、一同炉前に移動し用意してある箸で、二人一組で一緒に一つ骨をはさんで骨壺に入れる進行となります。箸で渡すのは橋渡しに通じ、故人が三途の川を渡る助けをしてあげる助けをしてあげるといわれています。
 

  大理石収骨容器
  大理石収骨容器   
  
 火葬場では
火葬場での手続きは、葬儀社がやってくれますが、炉前には焼香机、香炉などの用意があるので、そこに位牌、遺影などを飾り、僧侶が読経をして焼香をし、一同順次焼香と進行します。こののち炉は点火されますので一同合掌をします。一時間くらい待たなくてはなりませんので、その間係員の指示によって控室で待っようなります。