進行

   
 逝去から通夜ほか初七日までは、宗教や事情により変更もありますが基本は、逝去から式事~送りへと進行していきます。葬祭の不明な点はお気軽にどうぞ!。 
進行例
ご逝去→ 桐里センターへ連絡→喪主の
決定→日時・場所の決定→死亡通知→ 
枕経→納棺→飾り付け準備→供花の手配→
通 夜→通夜振舞い→葬儀 告別式→お別れ
→出 棺→荼毘(火葬)→骨上げ(収骨)→
還骨法要(初七日)→精進落とし→
 

オリジナル祭壇A

オリジナル飾りA
仏教葬儀の葬送幡、六道を特別に製作したメリットのある祭壇飾りです。ご希望により頼むことができます。
  
  焼香の順序
1例  父が死亡した場合
①喪主・長男
②母・妻あるいは本家
➂喪主の妻、または故人の妻
➃喪主の子供(故人の孫)または喪主の妻
➄喪主の弟、または喪主の子供(故人の孫)
➅喪主の姉妹(他家の妻)、または喪主弟姉妹

 
  ➆故人の兄弟姉妹、または喪主の妻の両親
➇喪主の子以外の孫、または喪主の叔父叔母
➈喪主の妻の両親、または喪主の叔父叔母
➉喪主の義理兄弟姉妹、または喪主の子以外の孫
⑪喪主の従兄弟姉妹
⑫故人の友人、知人
 
 通夜
臨終から葬儀までの間の進行に、通夜が行われます。肉親やご縁のあった友人・知人が集まり、静かに最期の一夜を見守り、故人の番をするところから由来しています。通夜または夜伽とも呼ばれ、昔は、近親者のいで営み、通夜の食事をした者は”いみがかり”として、初七日が済むまで喪家にいて、世間との関わりを絶つことが行われたといいます。
受付電話
電話 03ー3753ー5294
(株)桐里センター