お弔い費用 


                                
お弔いにかかる費用は大きくわけて@「儀式の費用」、A「接待の費用」、B「宗教者へのお礼」の3つに分類できます。これらを合計したものが、お弔い全体にかかる費用、つまりお弔い費用の総額となります。
    
 



@儀式の費用

お弔いの儀式そのものにかかる費用です。「葬儀一式費用」「葬儀本体費用」などともいいます。。葬儀式場など式場使用にかかる費用、祭壇や棺、遺影になどにかかる費用、や、故人の移送のための霊柩車(普通型)などにかかる費用など、お通夜と葬儀・告別式を執り行うのに必要なものが含まれます。

A接待の費用

通夜ぶるまいやお清め、お斎など、お通夜から葬儀・告別式までの間の飲食にかかる費用と、お香典の返礼品などにかかる費用です。「飲食接待費用」といわれることもあります。弔問に訪れた参列者の人数によって変動します。

B宗教者へのお礼

お通夜、葬儀・告別式での読経、戒名授与のお布施、お車代など宗教者へお渡しする御礼です。「寺院費用」といわれることもあります。一般的に、宗教者へのお礼は喪主から直接お渡します。仏教では、お布施は布施行という修行のひとつという考え方から、金額がはっきりと提示されることは基本的にありません。



* 当社では、お葬式の意義から派手な柩や生花祭壇などは、採用していませんのでご了承願います。

葬儀なんでも相談

ご心配の時は、事前にご相談下さい


桐里センター 三ツ木 

 受付電話
03−3753−5294
 お葬式   皆ご参列    後に供養

 メール