知っておきたい事のひとつ

  

仏事情報サービス



 印刷して大切に保存してお役立てください            
   
     
        



      

◆  弔問・会葬のマナー

式場では
式場では、喪主や遺族のところまで出向いて、
お悔やみを述べるのをよく見かけますが、かえ
って混雑を増すばかりで、このましいことでは
ありません。焼香の際に黙礼をするだけでも
気持ちは伝わり充分かと思われますので、特に
お悔やみを述べる必要はありません。

弔辞について(3)
恩人や先輩、友人、、後輩など故人との関係の違いによって
、また病死や事故死なの状況によって表現のニュアンスも違って
くるはずです。依頼された自分の立場を考えて、それにふさわしい
弔辞にすることですが大切です。


   

◆  葬儀の豆知識

遺品の整理(5)
男性なら万年筆やライター、タイピンやカフスボタンなど故人をしのぶよい形見となり、又あげやすいものですが、何をあげるにも前もって「もらっていただけますか」と聞いてからにします。書籍や趣味の茶道具、ゴルフ用具などは、遺品が生かせる相手にあげたいものですし、まとまった蔵書なら母校の図書館とか公共施設におくるのもよいでしょう。

◆  仏教用語
大本山(だいほんざん))・・・総本山の支配を受けますが、所属の末寺を統括する寺院。宗派によって総本山のないもの(臨済宗)などがある。

同行(どうぎょう)・・志を同じくして、仏道を修行する者。



 

葬儀なんでも

ご心配の時は、事前にご相談下さい


 
桐里センター 三ツ木 

 24時間受付
03−3753−5294
 お葬式   皆ご参列    後に供養