もしものご葬儀、 安心です              

葬儀の専門サービス

もしもの時のお葬式のご相談や各種手配をはじめ, 葬儀の事でしたら安心してお任せいただける葬儀社(葬儀屋さん)です。
  • 葬儀について   
    仏教では葬儀を”供養”と言いますし、神道では“鎮魂”と言います。キリスト教では、人は皆死んだら神の元に帰るとされ、祈りは“祝福”と言う形となります。
  • 葬儀で大切なのは、この“祈り”なのです。祈り”によって故人は癒され、遺された者達も癒されて行きます。 葬儀は、故人と遺された方々との別れの儀式と言えます。遺された方々というのは、先ず家族です。そして、お付き合いのあった友人と知人です。人が社会的な存在であり、人のかかわりの中で生きてきたからこそ、葬儀が行われます。こうした人たちとのお別れの場が葬儀です。つまり故人と関わり合いのあった、全ての人にとっての葬儀儀式でもあります。
  • 葬儀は、故人と最後の別れをして、火葬場、墓地に送り出すことをいいます。またそのための儀式です。古くは野辺送りとも称しました。葬儀のその方法は地方ごとの民俗儀礼と密接に関連しているため千差万別で会葬者が行列を組み(これを葬列といいます)遺骸を搬送するというやり方は多くの文化に共通しています。

  • 故人に対する追慕と感謝
    一人の人間の死を迎えたときの心得というのは、その人との最期のお別れということですから、できるだけのことをしてさしあげるのが、残された者の務めであるといってよいでしょう。

    最も大切なことは、そのに出席したすべての人々が、心から故人に対する感謝とお別れの気持ちを表現することができたと感じられるような葬儀を行うことなのです。葬儀という儀式は、故人が存在したときに初めて行うのでありますが、現実としては、残された者同士が、生き残った者達のために行う儀式なのです。

    すなわち生前自分達と近しい血縁にあった故人が、死後の世界でもどうか幸福になってほしいという願いの表現であるとともに、その故人と少しでも関係のあった人々に対してお別れの場を提供するということですし、参列者にとりましては、故人または遺族となんらかの関係を持っていたことを、香典、供花といった形で表現するということです
    葬儀は、故人に対する追慕と感謝で偲ぶ場です

  

葬儀の初めから終わりまで
お世話します お電話かお問い合わせフォーム等でご相談下さい
インフォメーション
2016/4/22 
  料金1部改定を掲載いたしました。
2015/11/1
  ホームページの一部修正をいたしました。
 2014/6/29

 
 法事・葬祭の安心サポート メモリアル共済を
  
リ二ューアル掲載いたしました。
  
2014/6/11
  お弔い費用のご案内を掲載いたしました。
  
2014/4/1
  
ホームページの引越しをいたしました。
  
2012/4/1
  おかげさまで 弊社30周年。
  2009/03/10
  ホームページリ二ューアルいたしました。
  2009/4/27
  小冊子 仏事の豆辞典プレゼント掲載いたしました。

    
 
葬儀なんでも相談

ご心配の時は、事前にご相談下さい

桐里センター 三ツ木  

24時間受付 
03−3753−5294

 お葬式  皆ご参列  後に供養

本社    大田区中央6−25−9
旧池上通り(平間街道)沿い
ご存知ですか? 東京都大田区にある臨海斎場は、港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区による火葬場と式場併設の共同設置の平成16年1月開場の公営斎場です。