もしものご葬儀、安心です        

葬儀の専門サービス

もしもの時のお葬式のご相談や各種紹介と手配をはじめ, 葬儀の事でしたら安心してお任せいただける葬儀屋(葬儀社)さんです。
  • 葬儀について
  • 仏教では葬儀を”供養”と言いますし、神道では“鎮魂”と言います。キリスト教では、人は皆死んだら神の元に帰るとされ、祈りは“祝福”と言う形となります。
  • 葬儀で大切なのは、この“祈り”なのです。祈り”によって故人は癒され、遺された者達も癒されて行きます。 葬儀は、故人と遺された方々との別れの儀式と言えます。遺された方々というのは、先ず家族です。そして、お付き合いのあった友人と知人です。人が社会的な存在であり、人のかかわりの中で生きてきたからこそ、葬儀が行われます。こうした人たちとのお別れの場が葬儀です。つまり故人と関わり合いのあった、全ての人にとっての葬儀儀式でもあります。
葬儀は
故人を葬り供養するための儀式と理解されている方は多くいらっしゃいますが、ほかにも他の意味合いがあります。葬儀を行う時に、ほとんどの方は、心理的な面や家族や親族的な意味を大切にし、心理的な面では心の整理をされる事です。

故人の死を受け入れるには、
時間を要します。葬儀だけでなく、例えば仏式の葬儀の後の初七日や四十九日をはじめとする法要は、遺族が死を受け入れるための心の整理を助ける事柄とも云えます。家族や親戚的な意味とは、親戚同士で集まる機会ができるという意味です。近くに住んでいれば会うこともできますが、遠方の地域に住んでいる親戚と会う機会は、殆どないのではないでしょうか。葬儀や法要などがあることで、改めて関係を深めることができます。

宗教的な意味で
生死に関する捉え方は宗教によって色々ですが、故人を供養し、あの世へ送り出す意味があります。葬儀は、社会的な意味も果たしています。人が亡くなると訃報を出して親戚や仕事関係の人達に知らせます。葬儀は、訃報を受けた人達が、集まって改めて故人が亡くなったことを理解するための儀式です。
三ツ木
三ツ木
葬儀の初めから終わりまでお世話いたします 

葬儀社は、葬儀に必要な支度を調達して葬儀を執り行う役割を請け負う会社です。民間資格の中には、葬祭ディレクター、仏事コーデ木ネーターというものがありますが、必須条件ではありません。葬儀を行うにあたり、本人、家族、参列者と様々な立場の人の要望を考慮してまとめていくので人との対話力、葬儀の構成を組み立て、実現してゆくプロデュ−ス力が必要となります。ご家族は身内を亡くしたり、自分の死後について考慮していることからホスピタリティも求められます。葬儀を行う際も人により宗教がことなり、さまざまな宗教の習わしに精通と対応をしなかればなりません。また葬儀は、地域によってしきたりや慣習がありますので、式場や文化にも精通していることが大切です。
当社は、永年の経験をはじめそれらに応えてお役に立ちます。

インフォメーション
  2018/8/30//
 
優待利用券のキャンペーン期間を
  終えさせていただきます。ご利用
  ありがとうございました。

  2018/7/28
 
葬祭サービス7号の新クラスを
   設けました。

  2018/6/9
  
本社移転1周年と永年のご愛顧に感謝して
   優待利用券を掲載いたしました。

  
     
   
 
葬儀なんでも相談

ご心配の時は、事前にご相談下さい

桐里センター 三ツ木  

受付電話 
03
37535294

(参考)公営の臨海斎場は、東京都大田区、品川区、目黒区、世田谷区、港区による共同設置施設です。

葬儀の専門サービス事前相談お葬式進行葬祭メリットお弔い費用お問い合わせ仏事 →葬儀の専門サービス